スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マテ

マテのしつけ

教え方がよくわからなかったマテ。

マテなくてもいいか(半分諦め)、と思った時もあったけど、できた方が良いかなと。

日曜日(18日)にしつけてみよう、と開始。我流ですが。

① おすわりをさせる。

② おやつを一粒持って、たまさぶろうの目の前に置き、「マテ」と言う。

③ と同時に、たまさぶは動いて食べに来るので、おやつを取って「ダメ マテ」と言う。

④ 再び、おすわりをさせ、たまさぶろうの目の前におやつを置き、「マテ」と言う。

⑤ じっと3秒我慢できたら「ヨシ」と言って、おやつをあげる。

③と④を繰り返すことになる。

だんだん、「マテ」と言うと、お伏せの状態に。それはそれで良いか。

その状態で、じっとしてマテるように。

火曜日(20日)

応用編

① 待つ時間を長くしてみる。

  → 徐々に待つ時間を長くする。10秒。途中、「きゅーん」とか言ったりする。でも、ちゃんとマテる。

② 目線を外してみる。

  → 待っている間、じぃ〜っと私の目を見ている(二人見つめ合ってる)その時、私が、たまさぶから視線を外す。変わらず、私を凝視しつつ、マテる。

③ 動いてみる。

  → マテを言い、立ち上がって部屋を歩く。私がたまさぶの視界から外れる(たまさぶの後ろへ回ったり)と、私が見える場所へ移動。私を凝視しつつ、マテる。

④ 居なくなる。

  → マテを言い、リビングからダイニングへ。たまさぶ、動かずに私をジッと見ている。スライドドアを閉めて、3秒。開けてみると、たまさぶ、ドアの前に来ていた。そして、ダイニングに入ってきて、私のそばに。おやつはそのまま。その場でじっと待っていることはできなかったけど、花丸印をつけてあげたい♪

スポンサーサイト

引っ張らない散歩2

たまさぶの早さに合わせて散歩。徐々にたまさぶの速度がだんだん上がる。どれだけたまさぶに合わせても、たまさぶはそれ以上の早さになって引っ張る。終いには走るような感じになる。

アスリートでもあるまいし、たまさぶの速度に合わせて散歩するにも、程がある(笑)

ということで、たまさぶの早さに合わせて散歩するのは無理だということに(笑)

やっぱり、たまさぶは引っ張って散歩。

引っ張らない散歩

いつも前方へピーンとリードを引っ張った状態で歩くたまさぶ。首輪が首を後ろに引っ張って、たまさぶの体に悪そう。

おすわりをさせると、その後は、歩くスピードが少しマシになる。でも、ほんの少しの間だけ。また再び、リードがピーンと伸びた状態になる。

これは、たまさぶの歩くスピードが速いから。老齢のワンちゃんはゆっくりの歩み。人間もそのゆっくりの速度に合わせてお散歩させている。ならば、元気な(元気すぎる)たまさぶのこのスピードに人間が合わせてあげれば良いのでは。本来は、人間のスピードに合わせて歩くしつけをするべきなんでしょうが。。。

たまさぶのスピードに合わせて早歩きをすると、リードが引っ張られる状態にはならない。たまさぶは快適に歩けるからか、嬉しそう。何度も、笑顔で横や少し斜め後ろを振り向く。最近は少し寒さがマシとは言え、夕方の散歩にじんわり汗をかく。1時間ほどの早歩き。心拍数が上がる。かなりの運動量。でも、これで首輪が首を引っ張ることが解決!

相手を自分に合わせようとするのはなく、自分が相手に合わせれば、解決も早いし、お互いがハッピー♪

たまさぶは首に負担がかからなくて快適に歩けるし、私はダイエットできるし、一石二鳥。

たまさぶ、嬉しくて何度も顔を見るし、それを見て私も嬉しい。

そのうち、たまさぶの歩く速度も落ちてくる。人間の7倍の早さで歳を取ってしまうから。。。そう思うと、今の歩く速度を大事にしたいと思う。

とか言って、いつまでも早かったりして(笑)脚力、つけないと。

09/11/17

体重 4.9kg

前々日の夜から、布団の中に入って寝るように。寒くなってきたからね。寝る時は、掛け布団の上で寝ているんだけど、途中、目が覚めると、足のところに入ってる。蹴らないようにしないと。

朝から雨。お見送り、ワイパーに鳴く。夫の膝の上ではマシだけど、夫が下りた後は激しくなる。夫がいなくなって、怖いのだろう。車の動き始めに、左から右へ動くワイパー。その動きに連動して、たまさぶが助手席から運転席(までは来れないけど)方向へ動く。吠えながら。そのとき、ハンドルを握る左腕を噛まれた。セーターを着ていたのに、かなり痛くて。帰宅後見ると、内出血してた。

「ホーム」、わかってきたみたい。最初は私がケージまで動くとケージへ。その次は、私がケージへ1歩踏み出すと、ケージへ。今は、言葉でケージへ入るようになってきた。他のコマンドを混ぜると、ちょっと混乱するときも。「ホーム」と言ってるのに、「バーン」と言われた時のように、横に倒れてみたり。「バーン」と「ホーム」は似ているか。紛らわしいか。

「ハウス」じゃなくて「ホーム」に

体重 4.9kg

ハウスのしつけ。

「ハウス」という言葉じゃなくて、「ホーム」という言葉でしつけることに。

なぜなら、「たまちゃ〜ん」「たまぁ〜」「ホーム!」・・・「たまホーム」になる(それだけの)ため(笑)

今さらコマンドの変更。たまさぶには迷惑な話(笑) 

CMの「タマホーーーーム!!!」に反応して、ケージに入るようになったら、タマホームに連絡しようと思う(笑) 

いや、その前に、「探偵ナイトスクープ」に連絡かな(笑)

トイレトレーニング(5/28)

トイレをしそう、な時。
たまさぶをかかえ、トイレの上に置き、ケージを閉める。
ということの繰り返し。
うんちの時は、気張る体勢に入ったたまさぶを抱え、トイレに置くことも。

だいたい、トイレに入れてもすぐにしない。
トイレに入ったよ、アピール目線→おやつ(ごはん)を1粒。
そのまま待って(待たして?)、おしっこできたらさらに1粒。

これを繰り返しているうち、たまさぶが自分からトイレに入った!
トイレに入ろうとするたまさぶを見て、ウルウル。
でも、それはトイレをするためじゃなく、ごはん1粒もらえるから。
一粒待ってます、の顔。
でも、自分から入れたことが嬉しい!
よく入れたね~、の1粒。
ケージを閉め忘れてて、そのままたまさぶはケージの外へ。
そしておしっこ。
なかなかうまくいきません。

それからは、よく自分からトイレに入るように。
すぐに1粒。すかさずケージを閉め、トイレ待ち。
トイレができたらさらに1粒。そしてケージを開ける。
トイレな時じゃない、こともあって、入れられていることが悲しそう。
かわいそうなので、ケージから出す。
その後、トイレしそうな時、トイレの上に置く。
結局、トイレトレーニングとしての進歩はどうなんだろうか。

自分でトイレに入る時、が、トイレをしたい時、とは違うので、うまくいかない。

トイレトレーニング

サークルの中でトイレトレーニング。
ケージの中ではちゃんとトイレでおしっこうんちができる。
ケージから出ている状態で、トイレの時にケージの中に入ってできるように。

トイレしそうな雰囲気になる→トイレに戻す→トイレをする→褒める・おやつ(ドッグフード)をあげる
の一連の動作。

難点
・トイレに戻すと、トイレをしない→そのままするまでほっておく→拗ねる
 でも、しばらくするとトイレをする♪→褒めてドッグフード
・トイレをして褒められるんじゃなく、トイレの上に乗ったら褒められるって  
 思っている様子。トイレの上に乗って、「ご褒美くれよ~」って顔をする。
 あげないと「なんでだよ~さっきはくれたのに」って顔をする。
・外でトイレをしてしまった場合、拭きに来ることを楽しんでいる様子。
 拭いているタオルに激しく反応。外ですると楽しいことがあると誤解?

3回ほどトイレでできた。
でも、戻さないとダメ。
自分から戻らない。まだまだ道のりは険しい。

トイレ



Forest Scene(ブリーダーさん)さんから電話を頂く。
・トイレのしつけについて。
サークル内でトイレに戻らずにしそうな時は、すぐに抱き上げてトイレに戻し、ケージを閉める。
この場合、トイレ行動をケージの中でしない(人間が近寄ってくれたことが嬉しい!)が、そのまま、トイレをするまでケージの中に入れておく。
その後、トイレができたら褒めてあげる。
サークル内でトイレに戻らずにし始めたら、最後までさせて、きれいに拭く。

サークル内でトイレに戻らずに、トイレしそう!な時、トイレに戻すと、トイレ行動を止めてしまったので、「こりゃ、たまさぶの体に悪い!」って思って、戻さずに自由にさせてました。。。
これではダメなようです。



- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
01 03
プロフィール

Author:またさぶ♪
ペット
たまさぶろう オス
ノーフォークテリア
2009年3月14日生まれ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。